• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

ジリオラ・チンクェッティ

カンツォーネ界を代表するアイドル歌手のジリオラ・チンクェッティは、1947年12月20日にヴェローナで生まれる。幼少の頃から歌うことが大好きだったオーラは、16歳の時に新人歌手の登竜門であるカストロカーロコンテストに出場、400人ものライヴァルがいる中で見事優勝して翌年のサンレモ音楽祭への出場権を獲得。そして1964年1月に開催された第14回サンレモ音楽祭において「夢みる想い」を歌い、なんと新人であるにもかかわらず優勝して世界中を驚かせた。この時オーラはまだ16歳と43日という若さであった。

たった一夜にしてカンツォーネ界のシンデレラ・ガールとなったオーラのレコードは日本でも早々に紹介され、同時期に日本デビューを飾ったビートルズの熱狂とともに、日本における海外ポピュラー・ソング全盛期を作りあげる片翼となった。オーラの初来日公演は1965年5月に行われ好評を博した。そして1966年の第16回サンレモ音楽祭でドメニコ・モドゥーニョの「愛は限りなく」を歌い、2度目の優勝を勝ち取り名実ともにスーパースターの仲間入りを果たすことになる。1969年3月には「雨」が日本のオリコンの総合チャートの6位まで上がる大ヒットを記録し、日本でも本格的なオーラ・ブームが到来。
 その後も「落ち葉の恋」「つばめのように」「薔薇のことづけ」「恋よまわれ」といった曲が続けざまに日本でヒットし、70年代末までに5度の来日公演を実現させている。
 その後、結婚〜出産〜子育てなどを経て活動自体は緩やかとなりましたが、2015年に最新作『20.12』をリリースし現役感満載の歌声で健在ぶりを聴かせてくれた。
 そして今回、1993年以来24年ぶり8度目の来日公演が11月に実現した。

【来日公演】
日程:11月18日(土), 19日(日)
開場:16:00 / 開演:17:00
会場:CLUB CITTA’
[INFO]: CLUB CITTA’(TEL): 044-246-8888