• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

もう頬づえはつかない

さようなら やさしさだけの男たち 巣立つ朝 風の歌がきこえる−。
多くの女性から圧倒的支持を集めた大ベストセラーを、
『サード』の東陽一監督がみずみずしいタッチで描いたヒット作。

発売日

2019/06/12

品番

KIBF-1631

販売価格

¥3,800 + 税

1979年/日本
©1979 有馬孝/東宝

収録時間:本編約113分
仕様:カラー 16:9(ビスタ) 片面2層
音声:日本語(ドルビーデジタル2.0ch)
字幕:なし


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
「愛とは何か、セックスとは」。同世代の学生やOLに熱狂的に受け入れられ大ベストセラーとなった、見延典子の同名早大文芸科卒業小説を、1978年にキネマ旬報ベストワンに輝くなど日本映画界の話題を独占した『サード』の鋭才、東陽一監督が桃井かおり主演で映画化。早大学生であるまり子は、アルバイト先で知り合った同じ大学の橋本と同棲生活をはじめ、当然のようにセックスをする仲になるが、まり子は避妊具を付けることを要求した。まり子は以前つきあっていて半年前に行方をくらました、芽の出ないルポライターであり風来坊の恒雄の存在が忘れられなかった。だがそんなある日、恒雄が戻ってくるが……。

☆1979年度毎日映画コンクール日本映画優秀賞/☆1980年日本アカデミー賞主演女優賞(桃井かおり)/☆昭和54年度芸術選奨文部大臣新人賞(桃井かおり)/1979年度キネマ旬報主演女優賞(桃井かおり)/昭和54年度ブルーリボン主演女優賞☆(桃井かおり)
STAFF
◆監督:東陽一◆製作:有馬孝、工藤英博◆企画:多賀祥介◆原作:見延典子◆脚本:東陽一、小林竜雄◆撮影:川上皓市◆音楽:田中未知  
CAST
桃井かおり、奥田英二、森本レオ、伊丹十三、加茂さくら、伊佐美津江、日夏たより、織本順吉