• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter

キングアーカイブシリーズ3・大正の流行唄 民衆の喜怒哀楽と共に

自由を謳歌したあの時代、美しく咲いた徒花たち。

発売日

2008/06/04

品番

KICS-8158〜9

販売価格

定価¥2,857 + 税

【アーティスト】
オムニバス(東海林太郎、春日八郎、楠トシエ、熊倉一雄、三船浩、榎本健一、倍賞千恵子、松島詩子、真山一郎、若原一郎、三橋美智也、牧伸二、ボニージャックス ほか)

【解説】
1968年8月作品。明治に入ってきた西洋音楽が円熟し、従来の邦楽とのすばらしい化学反応を起こすことで<新日本音楽>が確立された大正時代。15年という短い間ながら、デモクラシーの気運も手伝って様々な音楽的ムーヴメントが生まれました。美しい国・日本。当アルバムは明日の日本を見つめなおすヒントになるかもしれません。
【DISC1 CDアルバム】
1.浅草オペラ・メドレー(「天国と地獄」〜「コロッケの唄」)
2.船頭小唄
3.酋長の娘
4.籠の鳥
5.ノンキ節〜のんきな父さん〜
6.思い出した
7.東京節(パイのパイ節)
8.羊飼いの歌
9.鴨緑江節
10.金色夜叉の歌
11.カチューシャの唄
12.すたれもの
13.奈良丸くずし
14.現代節
15.新呉節(軍港節)
16.月岡花子の歌
17.ホットイテ節
18.数え唄(花子さんよ)
19.ヤッコラヤノヤー
20.小鍛冶
【DISC2 CDアルバム】
1.抒情歌メドレー(「宵待草」〜「城ヶ島の雨」)
2.春の名残り
3.月は無情
4.朝鮮北境警備の歌
5.馬賊の歌
6.まっくろ節
7.ハート・ソング
8.流浪の旅
9.ヨサホイ節
10.ヴェニスの舟唄
11.ストトン節
12.青島節(ナッチョラン節)
13.恋慕小唄
14.ブラブラ節
15.ああ踏切番
16.新馬鹿の唄
17.水藻の花
18.新有明節
19.大震災の歌
20.復興節
21.ゴンドラの唄